竹炭の販売 竹酢液の通販 越後村上 竹炭塩工房

TEL:0254-43-5830

受付:9:00〜18:00 定休日:土,日,祝日

お問い合わせ

カートを見る

竹炭の販売 竹酢液の通販 越後村上 竹炭塩工房 > 塩・竹炭塩 商品一覧 > 竹炭塩 旨塩

ご注文(竹炭塩 旨塩 100g)

竹炭塩 旨塩 100g

新潟県村上地区の日本海の海水を汲み上げ、煮詰めて手作りした天然塩(日本海の塩)を越後北限村上産の竹筒に入れ、高温で焼き上げ、棒状の竹炭塩を作ります。
棒状の竹炭塩を、さらに、清水焼のおろし器で手作業で擂りおろして、パウダー状にしたのが「竹炭塩 旨塩」です。

竹炭塩 旨塩 100g

 

販売価格:600(税抜)(税込 648円)
数量: 

 

商品名 旨塩 100g
名称
原材料名 海塩(国内製造) / 竹炭
内容量 100g
保存方法 直射日光を避け常温で保存してください。
生産地 新潟県村上市
発送方法 通常便
備考 ・塩の中にある黒い粒は竹炭です。安心してお使いください。
・固まることもありますが、品質には問題ありません。

 

竹炭塩 旨塩 成分表

【竹炭塩 旨塩 成分表】(100g当たり)
熱量 0kcal
タンパク質 0g
脂質 0g
炭水化物 1.6g
食塩相当量 97.8g

 

竹炭塩 旨塩とは?

新潟県村上地区の日本海の海水を汲み上げ、煮詰めて手作りした天然塩(日本海の塩)を越後北限村上産の竹筒に入れ、高温で焼き上げ、棒状の竹炭塩を作ります。
棒状の竹炭塩を、さらに、清水焼のおろし器で手作業で擂りおろして、パウダー状にしたのが「竹炭塩 旨塩」です。

竹には、竹酸など豊富にミネラル分が含まれています。
そして、竹が焼き上がる過程で、竹のミネラル分が塩に染み出し、焼きあがった竹炭が塩と融合し、旨い塩(竹炭塩)ができあがります。

 

海の恵みと、山の恵みが、火の力でひとつに!

火の力で竹炭塩ができあがります。炎が塩を溶かし、竹を焼き、海の恵みと山の恵みが、この温度、この瞬間に釜の中で合体し、融合しあい、竹炭塩が生まれます。

竹炭塩 旨塩は、製造する温度や時間で、味や成分がまったく違ってきます。

試行錯誤の繰り返しで、現在の竹炭塩 旨塩が出来上がりました。


 

森の名人が作る 竹炭塩 旨塩

森の名人 渡辺保文15時間つきっきりで釜の温度を一定に保ちます。
四季の気温と炎の力を見極め、真剣に火と向き合い、美味しい塩を作りたいと願っていると、時間の経過も忘れます。

こうして、竹炭塩 旨塩が完成します。

是非一度、竹炭塩 旨塩をお召し上がりください。

 

山の炭焼きおやじ こと、「渡辺保文」は、平成22年(2010年)9月に社団法人国土緑化推進機構から、炭焼き加工部門で、「森の名手・名人」として認定されました。


 

竹炭塩 旨塩が出来るまで

日本海の塩を竹に詰めます。手作業です。

竹炭塩 旨塩の原料は、「塩」と「竹」です。
塩は、新潟県村上地区の日本海の海水を汲み上げ、竹炭塩工房が丁寧に精製した日本海の塩を使っています。
これを越後北限村上産の竹に詰めます。(手作業)

きっちりと塩を押し込み、隙間なく詰めていきます。

最後は「すり切り」でこの工程が終了します。


 

日本海の塩を竹に詰めます。  竹にすりきりまで詰めるとこの工程は終了です。

出来上がった竹筒を釜にセットし、焼き上げます。

海塩を詰めた竹筒を釜にセット  海塩を詰めた竹筒を釜にセット
15時間つきっきりで釜の温度を一定に保ちます。

15時間つきっきりで釜の温度を一定に保ちます。
四季の気温と炎の力を見極め、真剣に火と向き合い、美味しい塩を作りたいと願っていると、時間の経過も忘れます。


焼き上げて、棒状の竹炭塩ができあがります。  竹にすりきりまで詰めるとこの工程は終了です。

焼き上げて、棒状の大きな塩の棒ができあがります。

日本海の塩を竹に詰めます。手作業です。

大きな塩の棒を、清水焼のおろし器で手作業で擂りおろして、パウダー状の「竹炭塩 旨塩」が完成します。



 

竹炭塩 旨塩の原材料表示について

竹炭塩 旨塩の原料は、「塩」と「竹」です。
そして焼き上げますので、「竹」は「竹炭」となります。

このように、竹炭塩 旨塩の原材料は「塩と竹炭」なのですが、ここで食品に関する法律がその表示を規制しています。

【参照】
消費者庁次長通知 平成22年10月20日第377号「食品衛生法に基づく添加物の表示等について」
同 別添1「既存添加物名簿収載品目リスト」(番号332 木炭)

これらの法律により、製品に表示する「原材料」欄には、「竹炭」ではなく「木炭」と表示しなければならないのです。

商品ラベルに表示している原材料には「木炭」と表示しておりますが、「竹炭」以外は使用しておりませんので、どうぞ安心してお召し上がりください。

また、ホームページではわかりやすいように「竹炭」と表示しておりますので、ご了承ください。


 

ご注文はこちらから


お買い物ガイド