竹炭の販売 竹酢液の通販 すみれ工房 > 竹酢液 > 竹酢液 農作物への使い方

竹酢液 原液 消臭、殺菌、農業、スキンケアに。竹酢液の薄め方

竹酢液 農作物への使い方

竹酢液を農作物に使う場合、下記の分量を参考に、ご使用ください。

作物名 病害虫 施用法
メセンチュウ 竹酢液を100〜200倍に薄め散布
大麦 縞萎縮病 竹酢液を4〜8倍に薄め散布で不活性化
キャベツ ネコブセンチュウ 竹酢液入り半生堆肥施用
ベト病、コナガ 農薬+竹酢液200〜300倍液を10〜15日間隔で散布
軟腐病、灰色カビ病 竹酢液を200倍に薄め、5日おきに3回散布
キュウリ ネコブセンチュウ 竹酢液を100〜200倍に薄め土壌散布
ウドンコ病、ベト病 ニンニク入り竹酢液200倍液の葉面散布
オンシツコナジラミ ドクダミ入り竹酢液200倍液の葉面散布
灰色カビ病、ウドンコ病 竹炭+竹酢液300倍液を散布
小麦 縞萎縮病 竹酢液を4〜8倍に薄め散布で不活性化
さつま芋 ネコブセンチュウ 竹酢液100〜200倍液20リットル+硫酸カリ10〜20グラムの土壌散布
トマト センチュウ 竹酢液を50倍に薄め土壌散布
ウイルス 竹酢液200倍に薄め1週間おきに散布
根腐れ病 竹酢液+パンの耳+モミガラ燻炭の植穴施用
ネコブセンチュウ 竹酢液を100〜200倍に薄め土壌散布
紋羽病 根を掘りあげて灌注
なす 灰色カビ病、ウドンコ病 竹炭+竹酢液300倍液を散布
青枯病 有機液肥に混ぜて月1、2回灌注
ダニ ドクダミ入り竹酢液200倍液の葉面散布
白菜 ネコブセンチュウ 竹酢液入り半生堆肥施用
軟腐病、灰色カビ病 竹酢液を200倍に薄め、5日おきに3回散布
ピーマン センチュウ 竹酢液1,500〜2,000倍に薄め灌水代わりに3回散布
ピート 立枯病 竹酢液を20倍に薄め土壌散布
ぶどう ウドンコ病、ダニ 竹酢液を50倍に薄め散布
メロン ネコブセンチュウ 竹酢液+粉炭を作付前に散布
アブラムシ 竹酢液+粉炭
りんご 腐乱病 竹酢液を50倍に薄め、1週間おきに2回散布
軟弱葉もの 立枯病 キトサン+竹酢液200倍液を土の表面に散布
針葉樹苗 立枯病 原液8リットル / 平方メートル施用
樹木・観葉植物 カイガラムシ 竹酢液を200倍に薄め2〜3回散布

(岸本定吉監修『木酢・炭で減農薬』農山漁村文化協会より)

 

竹酢液の効果

消臭、殺菌に

そのままスプレーして生ごみの消臭、殺菌、ガーデニングにも使えます。

農業、園芸に

肥料の吸収をよくしてくれるので農薬を減らすことにつながります。
竹酢液は農薬・肥料ではありません。土壌そのものの栄養分や力を引き出す手助けをしてくれると考えてください。

スキンケアに

お客様からは、お風呂に入れて薄めて使ったり、洗面器で薄めて、水虫の足に付けたり、アトピーのスキンケアにと、殺菌や保湿効果がよかったとお声をいただいております。
原液を薄めて使われる方もいらっしゃいますが、初めての方には、タール分を除去した「竹酢液 蒸留」をご案内しております。
なお、竹酢液で刺激を感じるような場合には、すぐにスキンケアを中止して医師に相談してください。

 

竹酢液の使い方

竹酢液の薄め方 (竹酢液と水の量に迷ったら、こちらを参考にしてください。)

竹酢液 農産物への使い方 (竹酢液の分量は、こちらを参考にしてください。)

 

おすすめの竹酢液

竹酢液 原液

竹酢液 原液
400円〜

竹酢液とは、竹炭を焼くときに出てくる煙を冷やして採取される液体です。
竹酢液は、土壌そのものの栄養分や力を引き出す手助けをしてくれます。

詳しい内容を見る

竹酢液 薄め液

竹酢液 薄め液
270円〜

竹酢液 薄め液は、竹酢液 原液を50倍に希釈してボトルに詰めました。
届いたらすぐに使える竹酢液です。

詳しい内容を見る

竹酢液 蒸留

竹酢液 蒸留
600円〜

竹炭を焼いてできる竹酢液を蒸留し、タール分を除去した竹酢液です。お風呂に薄めて入れてお使いください。

詳しい内容を見る

竹酢液 業務用 20L

竹酢液 業務用 20L
12,000円
特価:6,000

竹酢液 業務用20Lです。農業や畜産に、広範囲の消臭などにお使いください。

詳しい内容を見る

 


お買い物ガイド