モンスターカレンダー

« 2019年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

竹炭づくりの工房からの最近のブログ記事

新色出ました! 2019.3.6

気づけばもう3月ですね。春っぽい陽気も増えてきました(^^)

タイヤを替えていいのか悩む今日この頃です。

みなさんはもう替えましたか?

 

今日は、クローゼット用と靴用の新色をご紹介します!

2019-3-6-1

ぱっと見、光の加減で黒の水玉に見えるのですが、ダークブラウンです。

拡大写真がこちら!

2019-3-6-2

拡大しても黒く見えますね(^_^;)実物を見ると、こげ茶に白の水玉です。

山の炭焼き名人曰く、

「いい柄だな~」とご満悦。

山に行ってます 2019.2.21

すみれ工房の山の炭焼きおやじは、雪にも負けず寒さにも負けず、

山に竹を切りに行っています。(たまに負ける時もありますが、遭難したら困りますしね(^^))

本当は竹の伐採に適した時期があるのですが、

夏場は塩の注文が増え、なかなか山に行けませんので

行ける時に行っています。

2019-2-21-1

ちょっと細めの竹になりますが、インテリア用の丸竹炭や、

塩を詰める竹炭塩用になります。

におい・湿気取りにいかがですか 2019.1.31

新年とっくに開けまして、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この前雪かきが必要なくらいに雪が降りましたが、

今はだいぶ溶けました。

2019-1-31-1

いつもに比べると全然降ってない感じなので、

そのうちドカッと降るのではないかと戦々恐々としております。

いきなり降ると、一気に雪かきで筋肉痛になるので(^_^;)

竹炭板製造中 2018.12.7

本日の村上市は暴風で、大荒れです。

朝に一瞬だけ停電もありました。

2018-12-7-1

大荒れ感がススキの倒れ具合で出せるかと思いましたが

出せませんでした(^_^;)

 

ここしばらくずっと山に行っていた森の炭焼き名人は、

作業が一段落したということで今日から工場での作業です。

こんな大荒れの日は、どっちにしても山に行けませんね~。

2018-12-7-2

竹酢液で防虫 2018.6.22

厳しい冬が終わり、暖かい春がやってきて、そして急激に暑くなる…。

そうなると毎年のように悩まされるのがハエです。

工場と事務所の間の、屋根がかかったスペースなのですが

熱がこもるせいかハエが集まってきます(^_^;)

なんとかならないかな~と思いながら毎年やりすごしていたのですが、

今年唐突に思い出しました!竹酢液原液があるじゃないかと!!!

chikusakueki-2-thumb

パウダーの塩 2018.2.20

本日の山の炭焼き名人はと言いますと、

うまく棒状に焼き上がった旨塩棒を、専用のおろし器ですりおろし、

パウダー状の塩「旨塩」にしておりました。

2018-2-20-2

工房に来られたお客様には、

「一本一本手ですりおろしているんですか~!!」

と驚かれますが、手作業ですりおろしております(^O^)

下の写真がすりおろす前の旨塩棒です。

2018-2-20-1

竹炭お昼寝まくら 2018.2.19

今日は竹炭お昼寝まくらについてご紹介します。

まくらの中には、竹炭が練りこまれた竹炭パイプが入っています。

2018-2-19-2

柔らかめなので、優しく頭を包み込みます。

また、まくらの両端には、不織布に入った本物の竹炭が縫いこまれていますので、

竹炭パワーが頭に働きかけます。

2018-2-19-1

どういう効果があるかと言いますと…

窯入れ 2018.2.14

本日の炭焼き名人は、明日焼く竹を窯に入れております。

2018-2-14-1

背負いカゴ用の丸竹炭や、料理・炊飯用の竹炭板の在庫が少なくなってきたので、

準備に大わらわです。

2018-2-14-2

びっしり窯に詰めていきます。

人気!旨塩棒 2018.2.9

今日は旨塩棒をご紹介します。

2018-2-9-1

ぱっと見は一体何なのかわからないですよね(^_^;)

これは竹筒の中に塩を詰めて焼き上げた、旨塩棒です。

塩を詰める時の加減や、温度の加減によっては、

うまく棒状にならず失敗してしまう時もあります。

ちゃんと棒状になった時は一安心です。

竹筒の太さによって、出来上がった旨塩棒の大きさも変わるので、

長さも太さも一本一本異なります。

なので一本50g以上になるように重さを量って作っています。

 

これをどうやって食べるのかというと…

おすすめ! 背負いカゴ 2018.2.8

今日は背負いカゴをピックアップしてみたいと思います。

2018-2-8-1

この背負いカゴは、台座込で高さ約20㎝の竹炭雑貨で、

もちろん竹炭が入っていますので消臭調湿してくれます。

お客様のご要望にお応えし、今まで販売していた背負いカゴ(大)を一回り小さくしたサイズで、

場所を選ばずインテリアとして飾って頂けます!