モンスターカレンダー

« 2014年6月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2014年6月アーカイブ

すみれ工房近くの自然…2014.6.30.

今回は、すみれ工房近くの自然の写真をご紹介します!!

工房の近くには海あり山あり!!自然にあふれています。

工房から車で5分も北に進むと、山形県に入ります。すみれ工房のある村上市山北地区は新潟県最北の地なんです。

山形県に入ってすぐ「鼠ケ関(ねずがせき)」というところの灯台です。

20140701-1

灯台がある弁天島までは歩いていく事が出来ますが、大昔は離島だったと言われています。

鼠ケ関は、鎌倉時代に源義経が、兄の頼朝に追われて奥羽に逃げる時に上陸した場所として有名です。

近くの岩場でカニを見つけました。

20140701-6

この時期になると岩に咲く岩ゆり…。いつ見ても逞しさを感じます。

20140701-2

鼠ケ関から見る夕日もキレイです。

20140701-3

侵入してくる蟻に竹酢液!!2014.6.11.

20140611-2

小さい小さい蟻なのですが、この画像でお分かりいただけるでしょうか??

ここに写ってるだけでも20匹以上います。我が家に、この時期になるとやって来るんです…。

去年は台所に入ってきましたが、すぐに入ってきている隙間を見つけて塞いだので、その後は入ってきませんでした。

でも今年はまた違う隙間から入ってきているようで洗面所が蟻だらけです……。

あんまりひどいので社長に話したところ、竹酢液を薦められました!

20140415-2

 

以前、工房の小屋に蜂が巣を作り始めていたので社長が竹酢液をスプレーしたところ、パッタリと来なくなったんだそうです!!

20140611-6

 

と、いうわけで早速今朝、我が家でもやってみました!!

 

20140611-3

綿棒に、竹酢液を付けます。

20140611-5

侵入経路らしき隙間に塗ってみました。独特の、燻製のようなにおいがします。

 

竹酢液は出勤前に塗ってきました。

いつもは昼休みに家に戻ると洗面所は蟻だらけになっているのですが、昼休みに戻ってみると…


20140611-7

一匹いました。ですが…全体を見ると………!!



20140611-4

全くいません~~~!!

結局昼休み中に見た蟻はたったの2匹でした!!今までは20匹以上いたので、激減です!

すごい効き目で嬉しいです!!

今回はお風呂用にいつも使っている蒸留タイプを使ったので、においは原液より控えめでした。もちろん原液や、原液を薄めたものでも効果があります。

竹酢液のにおいは動物が嫌がるので、畑でハクビシンや猿除けに使っているという方もいらっしゃるようですが、蟻にも使えました!用途がたくさんあるんだなぁと改めて感激!

しかも天然成分のみなので、安心です!!

竹酢液、素晴らしいです!!

福祉まつりに出店。2014.6.8.

今日は地元のイベント「福祉まつり」に出店してきました。

すみれ工房から車で5分ほどの、村上市勝木「ゆり花会館」にて開催されました。

20140609-2

イベント開始の9時にはもう25度を超えていて暑かったです。暑い中、やはり熱中症対策塩飴が売れました!!5,6袋まとめ買いするお客様も多くいらっしゃいました。

海塩を新潟県産の竹に詰めて高温で焼いた竹炭塩は、竹のミネラルと塩のミネラルが調和された、まろやかなアルカリ塩です。そんなミネラルたっぷりの塩を使った、コクのある塩飴はこれからの季節にオススメです。

外出先に持っていき、汗をかいた時などになめれば塩分補給になります。程よい塩分で、しょっぱ過ぎることはありません。熱中症予防に是非どうぞ!お得な10袋セットも販売しています!

 

会場のゆり花会館から歩いて3分ほどの場所に八幡宮の登山口があります。会場から少し離れただけですが、八幡様までの道は山道が続き、ひんやりして涼しいです。

登山途中…

面白い木の根っこを発見!!

根っこがむき出しになり、グルグルと曲がっています。

20140608-1

「姥杉」

樹齢が、平成4年に360年だったそうなので今はもう380年を超えています。大きすぎて全体が写らないほどでした。

20140609-5

光合成細菌 続編!!2014.6.6.

20140606-3

  ↑

光合成細菌の液をたっぷり吸った竹炭です!!

液も、竹炭に吸収されてだいぶ減っています。

20140606-2

ガーデニング・畑の季節ですね!!

春は竹炭の土壌改良材のご注文を多くいただきます。

今回は、土壌改良材の中でもここ最近の一番人気「光合成細菌混合」のご紹介です!!

光合成細菌とは…

光合成細菌の分泌物には、植物や他の微生物の増やすビタミン類が多く含まれています。

また、腐敗菌が作り出す有毒物質(硫化水素や有毒アミン)が大好物なのでこれらを無毒化してくれます!!

  光合成細菌を餌にする放線菌が増えて、土壌の病害微生物が少なくなります!

 
土壌改良材として光合成細菌を使用すると…


病害微生物の発生が抑えられるので、植物成長が促進されます!結果として収量も増加します。

収穫物の栄養素が豊かになります!糖度もアップ!!

 

また試験管内での実験ですが各種のサルモネラ菌及び病原性大腸菌O-157も光合成細菌によって減少することが判明しているんだそうです!!
光合成細菌は多用途で、養殖水産(ウナギなど)・生ゴミの処理・食品製造関係の浄化槽など、幅広い分野で利用されています。

今日はそんな光合成細菌を使って、竹炭土壌改良材 「光合成細菌混合」を作っていきます!!

まず、小粒のタイプに分類された竹炭を箱に入れます。

201406404-2

そこに光合成細菌の液を入れていきます!!