モンスターカレンダー

« 2013年11月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013年11月アーカイブ

旨塩棒が焼きあがりました!2013.11.28.

20131123-1

竹筒から取り出したばかりの旨塩棒です。黒いですね~!!

これは取り出したままなので、これから加工して商品にしていきます。20131123-2

↑ 竹筒に塩を詰めた時の蓋(米粉を水で練った物)です。真っ黒に焦げていますのでこの部分は使えません。もったいないのですが…

20131122-4

昨日は新潟県村上市の年末調整説明会でした。

事務仕事が初めての私には、何が何だか分からないまま終わってしまった感じなので、これから猛勉強です。

説明会の帰り道、虹が出ていました!薄くて、虹の下の部分しか出ていなかったのですが、虹がかすかに写っています。

さらに、帰り道にかわいいものを発見!!

20131121-2

旨塩棒には、このおろし器が欠かせません!!

何故かと言いますと、これでおろさないと細かいパウダー状の「スッ」と溶けるお塩にならないんです!!

旨塩棒をおろすためだけに、清水焼の職人さんに作って頂いている専用のおろし器です。

初めは穴を開けないタイプを焼いていただきましたが、試行錯誤の末、現在の穴あきタイプになりました。

この穴から、おろしたお塩が落ちます。

旨塩棒を焼きます。2013.11.20.

20131120-1

昨日竹に詰めた旨塩棒を、今日焼きます。

温度調節が難しく、温度が低ければ塩が固まりませんし、高温にし過ぎると真っ黒の塩になってしまいます。

社長、温度計を見ながら薪をくべていきます。おいしい竹炭塩に、なりますように!!

今日の村上市は昨日と同じく荒れた天気です。強風・雷も時折鳴ります。

太平洋側では雷と言えば夏によく鳴りますが、日本海側では雷は冬が多いです。

北陸地方など、日本海側の地域では昨日や今日のような雷を「雪起こしの雷」「雪下ろしの雷」と言って、雪が降る前兆の雷なんです。私が10年ほど前、山北地区に引っ越してきた時に、山のおばあちゃんたちが「雪を連れてくる雷だ」と教えてくれました。

本当に、こういった初冬のひどい雷の後に雪が降るんです!!

旨塩棒に塩を詰めます。2013.11.19.

20131119-1

旨塩棒、ご好評いただいております!!

今日は、その旨塩棒の塩詰め作業です。一本一本、竹に塩を詰めていきます。

細長いのでなかなか時間のかかる作業…。

竹の伐採時期は今だけです。2013.11.13.

20131113-2

今日は地元、村上市山北産の竹の搬入です。ほんのり雪が積もっています!!

当工房では毎年この時期に、一年分の竹の伐採を行っています。なぜこの時期なのかと言いますと…

「木六竹八」という諺があります。「木を切るなら六月(旧暦)。竹を切るなら八月(旧暦)が良い。」という意味です。竹の伐採に適した時期は、竹自身の水揚げが止まる秋口~冬です。この時期の竹は材質がしっかりと締まっています。また、伐採した竹には虫が卵を産むので、この時期以外に伐採してしまうと保存中に卵から虫が孵化し、竹をボロボロにしてしまいます。

20131112

ラベンダー

ラテン語の「ラヴァレ(洗う)」という言葉が語源。古くから殺菌・消炎・鎮静効果のあるハーブとして利用されてきました。

なぜ「洗う」が語源かと言いますと、聖母マリアが幼いイエスの産着を洗うのにラベンダー香水を使ったとされているからなんです!!そんな昔から使われていたのか、と驚きますが、さらに昔、古代エジプトでも使われいました!!

古代エジプトではラベンダーは聖なる庭で栽培され、ミイラ作りの儀式に使う香油の材料として高価なものでした。ツタンカーメンのお墓が発掘された時、ラベンダーの香りが強く残っていたそうです。3000年もずっと香り続けていたなんて、素敵ですね!!殺菌効果があるので使われたのでしょうか。大昔から使われていたラベンダーは「香りの女王」とも呼ばれ、ハーブティーにもなっています。

20120222-3

ラベンダーの香りで、洗顔してみませんか??!

今日は、当工房の竹炭石鹸をご愛用頂いている方からのコメントをご紹介します!!

«竹炭石鹸»
老齢による肌の衰えにどうかはわかりませんが、私はさっぱりするので好きです。
誰かが丸めてくれたかな?というような形で、他の石鹸のように柔らかくなって溶けてしまう感じがないです。かたい触感なのは、市販の石鹸のように余計なイロイロな物が入ってないからでしょうか。本当にさっぱりして、すっきりします。洗った後、つっぱらないので急いで化粧水つけなきゃ、と思わないくらい…人目にはわからないでしょうが、本人はしっとりしてる気がしてます。だからまた買うつもりです。
肌が若返ったと、言われましたよ!
それと、先日ヘアマニキュアが手について、いつもは、シャンプーでも石鹸でもリムーバーでもなかなか取れないんですが、竹炭石鹸で洗ったら、すっきり取れました。肌に優しいのに、洗浄力だか吸着力だかがすごいと思いました!
(東京都 60代女性)

とてもうれしいコメントを頂きました!!ありがとうございます!!

先日も竹炭石鹸を10個、リピーターのお客さまがまとめ買いしてくださいました。こだわり素材と手作りにこだわった竹炭石鹸です!

今日は村上市はとても寒いです。薪ストーブの近くから離れられません…!!

20131109-2

お風呂に石鹸を持っていくと三歳の長女「おにぎり…??」と一言….。確かに真っ黒ですし、一つ一つ手作業で丸めているので優しい丸い形。おにぎりのようです!!

そんなおにぎりの様な石鹸を泡立てるとモコモコと、あっという間に泡立ちました!!

早速長男に使ってもらおうと顔に泡を近づけると…

20131107-3

竹炭パウダー入りの石鹸は、ラベンダー・ローズマリー・カモミールの三種類です。

竹炭パウダーが余分な皮脂を吸着してくれるという事で様々な竹炭石鹸が販売されていますが、当工房の竹炭石鹸は…こだわっています!!

★すみれ工房の竹炭石鹸のこだわり★

●原材料は石鹸用素地・精製水・竹炭末・ハーブ末だけです!!無添加で、お肌が敏感な方も安心してお使いいただけます!!

●竹炭末の元となる竹は新潟県産です。当工房で焼成し、キメの細かい竹炭パウダーのみ選別して使用しています。

●ハーブ末は、それぞれラベンダー末・ローズマリー末・カモミール末を使用していますが、完全無農薬のオーガニックハーブを使用!!

●石鹸を練る所から仕上げまで、全て手作業で行っています。力の要る練りの工程や、計量・成型も全て手作業。1か月半ほど自然乾燥させた後、一つ一つ磨き上げます。そして再び乾燥させ、袋詰めして完成です。

ハーブにもそれぞれ特徴がありますので、今日は3種類のうち、ローズマリーのご紹介です!!

窯出しの瞬間をパチリ!!2013.11.6.

20131106-2

村上市はとてもお天気が良く、日なたはポカポカと暖かいです!!

朝五時から作業している社長、朝方はまだまだ冷えるので事務所の薪ストーブを焚きました。が…日中どんどん気温が上がり暖かくなったので、薪ストーブをつけた事をとても後悔しているようです。工房でも火を焚いて、事務所も薪ストーブがついていて、社長暑くて参っていました。「冷房をつける!」とまで言うので慌てて止めました…

でも竹炭の出来栄えにはご満悦です。すみれ工房にはこの小さな窯が二つあります。少量ずつしか竹炭を作れませんが、機械による大量生産では出来ないこだわりを持って、手作業で丹精込めて製造しています!!